成年後見制度の手続き

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

成年後見制度の手続きの流れとは、まずは家庭裁判所にて必要書類を揃えて申立て準備を行います。その後、家庭裁判所による事実調査の確認が入り、申立人、本人、成年後見人候補者が事情を聞かれたり、意見の照会をすることがあります。そして審判がなされ、不服申立てがなければ審判書を受け取ってから二週間後に確定されます。その後法務局に登記され、法定後見が開始となります。

成年後見人ができることとして、成年被後見人の預貯金の管理、成年被後見人名義の不動産や財産の処分、成年被後見人が被相続人となる場合の遺産分割協議や相続の承認や放棄、介護の契約や介護施設への入所契約等、財産の管理や看護の手配等が職務になります。行ったことについては定期的に家庭裁判所への報告が必要です。または、不動産の処分時等には家庭裁判所の許可が必要なケースもあります。全ては本人の利益の為、援助という考え方であることを意識しておきましょう。

利用されるほとんどのケースが、後見人を子とする場合が多く、次いで兄弟姉妹を選出しています。または、後見人になってくれる人がいない、親族間でトラブルがあり選出できないといった事情の場合には、第三者である弁護士等を後見人にすることもできます。いずれにせよ、一度弁護士にご相談されてみてはいかがでしょうか。

参照サイト・・・スター綜合法律事務所 / 弁護士に成年後見相談