二種類の制度の違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

成年後見制度とは、家庭裁判所に申立てをする制度であり、種類が2つに分かれています。「法定後見制度」「任意後見制度」があり、この違いについて説明すると、法定後見制度とは、既に判断能力が低いとされる方に後見人をつける後見制度であり、本人の判断能力の程度や様々な事情によって「後見」「保佐」「補助」の制度から選択できるようになっています。家庭裁判所等によって選出された成年後見人・保佐人・補助人が、本人の利益も考慮しつつ、契約等の法律行為をする際に代理で行う、または同意を与える、または判断能力が低いことで受けた不利益な契約等を後に取消すことで、後見されている方を保護します。

任意後見制度とは、本人がまだ契約等の判断能力を十分に持ち合わせているうちに、将来の不安に備えて、自己の判断能力が不十分になった時の為に、事前に後見人と契約しておく制度です。今は問題がなくても、将来認知症になってしまったらどうしよう、そういう不安を抱えた方への制度であり、認知症になったと判断された段階で家庭裁判所に申立てをして任意後見監督人の選出をしてもらうことになります。手続きは困難で、お金も絡む為デリケートな問題となります。慎重に制度を利用するようにしなければいけません。